建物データ

設計・監理
株式会社片岡英和建築研究所
(京都市中京区元本能寺町))

建築施工

株式会社田中工務店
(京都市南区上鳥羽)

建物概要

敷地面積:491.89㎡
建物延床面積:802.28
建物構造:鉄骨造 地上3階建(準耐火建築物)
基礎:鉄筋コンクリート

晶和電気工業株式会社自社施工

電気設備工事
(高圧キュービクル 6600V受電)
(低圧幹線設備)
(照明・コンセント設備 WiLIA等)
(弱電設備 LAN・WiFi・ITV・出退鍵管理・TV共聴・電話)
(建物内警備設備)
(自動火災報知設備)
空調・換気設備(H-LINK)
温湿度監視設備
その他工事
  デジタルサイネージ設備
  鍵管理システム設備
  OAフロアー
  特殊断熱工事

建物コンセプト

『多様性を柔軟に許容できる建築。』

本プロジェクトでは、日々進化、更新されていくエネルギー関連システムに柔軟に
対応できる建築が求められた。
計画を進める上で、建物自体を9m×9m×33mの筐体と捉え、
可能な限り空間がシームレスに繋がるよう、
各エリアをバッファゾーン(中間領域)に隣接させた仕切のない
エリア・ゾーニングの
設計手法を用い、物理的にもシステム的にも自由なアップデートを
繰り返すことのできる建築空間を構築した。
建築に求められる社会のニーズも多様化していく昨今、
本プロジェクトが多様性を柔軟に許容できる建築としての
ケース・スタディとなれば幸いです。

株式会社 片岡英和建築研究室


設計者紹介


片岡英和建築研究室

略歴
1971年高知県高知市に生まれる
1995年大阪工業大学建築学科を卒業
1996~2006年株式会社 塚口明洋建築研究室勤務
2006年片岡英和建築研究室を設立
2011年京都2111結成2012年〜大阪産業大学非常勤講師
2016年株式会社片岡英和建築研究室に改名